自分の足の臭いに悩み、どのように改善したら良いのかと迷っている人は多いものです。
足は常に汗で蒸れている状態にあり、靴を履いて靴下も履くという状況下に置かれますので、雑菌の繁殖にとってたいへん都合の良い環境が整っている条件が満たされています。
臭いの原因となる雑菌は、しっかりとケアを行わないと爆発的に増殖していきますので、清潔を保つということが最も重要となります。
ここで足蒸れの原因となる汗について確認していきましょう。

人間の体にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があり、この中で特に雑菌の繁殖に影響するのがアポクリン汗腺から分泌される汗です。
脇の下の臭いの原因でもあり、この汗腺は手のひらや足の裏などにも見られます。
緊張するなどの強いストレスにさらされることによって、多くの汗が分泌されて臭いの原因となってしまいます。
もちろん人間の身体の性質上それは避けては通れないものですので、適切な方法で清潔さを保っていくというケアの方法が重要となります。

暑い夏は裸足になることが多く、足も乾燥していることが多いのです。
冬の間は通気性の悪いブーツを履くこと、吸汗性が低い化学繊維の靴下やタイツ・ストッキングなどを履くことが多く、足は常に蒸れて湿っている状態になってしまいます。
そのために帰宅後にはすぐに靴下やタイツを脱いで、きちんと薬用ボディーソープなどを使用して洗うことで清潔を保つことがベストです。

薬用ボディーソープの成分としては、イソプロピルメチルフェノールやトリクロロカルバニリドなどが含まれているものを選ぶと良いでしょう。
殺菌成分が足の臭いの原因となる雑菌を取り除いてくれますので、洗い上がりがさっぱりとして快適です。
またブーツも1日履いたものは乾燥させて、連続して履かないようにすることや、靴下やタイツはしっかりと洗濯をして綺麗にしておくということも重要です。
足の臭いを適切にケアをすることで快適に過ごすことができるようになるでしょう。

殺菌効果の高いボディーソープを選びましょう

足の臭いが気になる方は原因となるものを取り除いていくということが肝心です。
汗をかき、そこに雑菌が繁殖することによって臭いが生じることになりますから、汗をためにくくすることを意識してみましょう。
エクリン汗腺から出る汗は基本的にはにおいがあるものではありません。
においがきつくなるのは底に雑菌が繁殖するからです。

菌を増やさないようにするには生活の仕方や使うケア用品にこだわっていく必要があります。
靴をいくつか用意しておき取り替えていくという事も有効でしょう。
毎日履き続けるとそれだけ汗も溜まりやすく雑菌を増やすことになります。
靴下もこまめに変えていくようにするといいでしょう。

特にストレスから汗をかきやすいという場合には、靴下の替えを用意しておき必要に応じて取り替えていくようにすると臭いを防ぎやすくなるでしょう。
菌を増やさないという意味では殺菌するという事もケアの一つとして取り組んでいくのもいいでしょう。
殺菌効果の高い薬用ボディーソープを利用してしっかり洗っておくことで、もともと肌についている菌を少なくし、汗をかいても雑菌の繁殖を防ぎやすくすることができるでしょう。
イソプロピルメチルフェノール、トリクロロカルバニリドなどが含まれている殺菌効果の高いものを中心に選んでみてください。

ボディーソープを使って足まで忘れずに洗い、しっかりすすいだ後はしっかり水滴をふき取って乾燥させておくという事も大切です。
湿った状態ではいくら洗っていてもわずかに残った菌を増やしてしまい、不快な臭いを出すことにつながってしまいます。
きちんと乾燥させるという事まで意識しておきましょう。
こうした点に注意して、足の臭いをおさえていけるように日々努力していきたいものです。